引越しをスムーズに行うには?

 

まずは、普段から物をため込まないことがよいと思います。

 

見積もり時に物があふれていると、それだけ見積もり金額も上がります。

 

繁忙期を若干すぎた頃の見積もりによると、3tと4tトラックでの金額の差は、2万円以上でした。

 

料金節約のため積み切りを選択しても、必ず自分ではまず運べないような大型家電等がすべて積めるかは確認した方がよいです。

 

料金を安くするには、2社以上から見積もりは取った方がよいと思います。

 

それから、引越しをする前は、業者を選ぶ以外に何をしたらよいのか、と焦ってしまうことがありますが、電気、ガス、水道、電話といったライフラインのみをまず考え、免許証の住所変更などの他の手続きは、数日後、ひと段落ついてからやり始めても何ら遅いことはありません。

 

引越しノウハウ&体験談

あとは、家族での引越しの場合は、ご近所への挨拶を忘れないことがご近所付き合いを円滑に進めるコツだと思います。

 

現在、都心のマンションに住んでいますが、隣室の生活音や外の光などが一日中気になります。

 

また、近所付き合いもなく、万が一のときに不安を感じるので次の引越し先はその点を考慮して行おうと思っています。

 

そして、子どもが生まれてからはママ友との付き合いがありますが、本音を言えるような状況ではありません。

 

防犯のためとは言え、監視カメラ付き、オートロックの三重鍵の付いたところでの生活は子どもにとって良い環境とは言えないと思います。

 

都会人なら平気かもしれませんが、田舎でのびのび育ってきた私には耐えられません。

 

私の引越し体験談

 

引っ越しをすることが決定したのが4ヶ月ほど前であり、他の大手引越し業者に訪問見積もりを依頼したところ、早過ぎるということで見積もりしてもらえませんでした。

 

しかし、サカイ引越センターは見積依頼の電話をかけた次の日に来て下さり、営業の方がコースから引っ越しの手順、おおまかな金額を出してくれました。

 

それから引っ越しするまでの間何度か相談に乗って下さり、少しでも安く済ませようと努力してくれたことに感動しました。

 

しかし引越し当日、繁盛期ではないが来てくださった作業員の方が明らかに経験がなく、クローゼットにかけてある洋服をわし掴みで梱包されました。

 

また、新居の床に傷を付けられたのですが、そのことに関し謝罪どころかおたくがやったんだろうと言い訳もされました。

 

営業の方の印象が良かっただけに当日はがっかりしました。

 

 

引越し見積りをお得にする方法など

 

仕事などで時間が取れないこともあるけれども、何社か訪問見積もりは必ず行うことが大切だと思います。

 

また、引越し先が近場であれば新居を見せてもらい、おおまかなイメージを作ることが重要です。

 

引越し当日になり、アレがない、コレが足りないなどとなることが多いため、新居の近くの店(特にホームセンター等)の場所や営業時間を調べておけば安心です。

 

また、引っ越しは大掃除の一部だと私は考えているため、とにかく荷物を減らすことが重要です。

 

そうすればトラックも一つ小さいものですむかもしれません。

 

そして引っ越しをするにあたり困るのが食事ですが、事前にシミュレーションすることが大切です。

 

余裕のあるタイムスケジュールを決めて実行することで、引っ越しがうまくいきます。